事業承継の後継者選びの一般的な方法と、それ以外の方法

事業承継の後継者選びの一般的な方法と、それ以外の方法

どんな会社にでも創業者というのはいるものですが、どんな優秀な創業者であっても、いずれは引退という道を選択しなければなりません。人間には寿命がありますから、誰か自分の意思を引き継いでくれるような、優れた後継者を見つけておく必要というのもあるものです。また、後継者というのはまだ自分が元気で引退していないうちから早めに見つけて譲るという方法もあります。そうした場合は自分で後継者にアドバイスをすることができますし、すべて後継者の思い通りにさせないようにもできるので良いでしょう。

一般的に家族経営で伸びてきたような会社であれば、後継者は創業者や社長の親族であることがほとんどですが、そうした家族や親族で役員を埋めてしまうということは新しい風が入りにくいですし、いつまでも古い形式にとらわれてしまうようにもなりやすいので、会社の発展を願うのであれば、必ずしもそうした家族経営というのは望ましいことでもないでしょう。ですからM&Aが中小企業でも可能になっている今、M&Aによって新しい後継者を探してみても良いです。

後継者選びというのはその人の価値観によっても異なりますから、いろいろな意見を聞いて決定するのも良いものです。会社が違えば経営方針もこと仕事のやり方も異なりますから、後継者選びも自分とは違った視点で行うことができるものです。また、一般的に重役だけの会議や一部の人だけの会議で決められてしまうこともありますが、新しい価値観を取り入れたい、今までと違った指導者が欲しいと考えているような時であれば、多数決で決めても面白いでしょう。

そこの会社に勤めている人みんなの投票で決めるようにすれば平等に決める権利を得られるということで、社員も真剣に指導者について考えることができるでしょう。重役だけで決めるやり方よりも、現場の状況を知っている人達で決める分、結果的にふさわしいと思える人が見つかるというようなこともあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。