事業承継やり方にも色々な方法が!意外な解決法って?

事業承継やり方にも色々な方法が!意外な解決法って?

これから団塊の世代が多く引退する時期に差し迫っており、法人経営者の引退に伴い、その事業承継問題は社会問題にもなりつつあります。

そして、事業承継のやり方が分からない社長が大変多く、その相談件数やセミナーの数は近年大変な勢いで増えております。

一般には親族への承継が多く採用されるケースがありますが、十分事業を熟知した従業員への承継も候補として考えられるでしょう。

こういった適任とされる後継者がいればいいのですが、冒頭に記しました通り、後継者不足が大変大きな問題となっており、親族や従業員の中にも適切な後継者が見当たらないことが多いのです。これにより廃業を採択する経営者もいます。

そこで、近年は全くの第三者に対して事業承継を行う方法が注目されております。これは中小企業でも可能で、多くのセミナーでも取り上げられている解決法です。

第三者に対する事業瀬承継の方法としては、個別の株式や事業用財産などを売り渡すという手法がありますが、近年はM&Aが採択されることが増えてきております。

M&Aとは事業・会社自体を売り渡す方法で、中小企業庁も事業の引継ぎを探すマッチングの促進を行うことを打ち出しており、社会的なメリットも多いことがうかがえます。

経営者は新たな後継者にバトンタッチして引退するが、従業員の雇用も引き続き維持されるので安心感があります。一方で買収側としても、新たな部門を立ち上げる必要がないため、経営の多角化が可能となるため、利益増大を狙うことのできる好機と言える。

M&Aには、そのようなWIN-WINの関係を構築できる(構築しやすい)メリットがあり、且つ日本全体の生産規模を経営者の引退という事態により低下させない機能も働き、国内におけるその注目度は年々増大している。
そしてそのようなM&Aの採択を迫らている企業規模は中小企業であり、中小企業でも可能なこのM&Aがどこまで拡大していくかは大きな社会的関心事と言えます。

M&Aにより事業承継をしようとする側、あるいはM&Aにより事業を買収しようとする側、双方の目線で考えて頂きたい一つの解決法である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする